真山窯について

手洗い鉢

美濃陶芸

美濃陶芸

「桃山時代の焼き物の中で最も多彩な作風を示したものは美濃の陶芸である」
地肌に厚くかかった志野、柔らかい肌合の黄瀬戸、深い幽玄な織部は海外においても認識を高く評価されております。
・鼡志野草文 (ねずみしのそうもん)
・黄瀬戸南天文様(きぜとなんてんもんよう)
・黄瀬戸点紋(きぜとてんもん)
・織部(おりべ)
・織部桜彫刻(おりべさくらちょうこく)
伝統陶芸

伝統陶芸

「日本中には土地ならではの土や釉薬が数多く存在します」
昔ながらの技法や窯の焼成方法でバリエーション豊かに真山窯でアレン ジして表現してみました。
・炭化黒焼締(たんかくろやきしめ)
・絵唐津草文(えからつそうもん)
・粉引(こひき)
・灰釉(はいゆう)
・灰釉点紋 (はいゆうてんもん)
・黒天目(くろてんもく)
モダン陶芸

モダン陶芸

「海外からの技法、テクニックであざやかな色が出せるようになり新しい空間作りや個性的な演出が可能となりました」
あえて古い物にモダンな色を組み合わせ、和モダンにされるのも現代的ですね。
・トルコブルー(Turkish Blue)
・ブルーガラス(Blue Glass)
・レモンイエロー(Lemon Yellow)
・赤ガラス(Red Glass)
・紫ガラス(Purple Glass)
・モダンホワイト(Modern White)